パスタに関する情報が満載!

パスタを極める

健康食を目指してパスタのトッピングを考える

カロリーが低いパスタが人気を集めている現在では、トッピングにもダイエット向きな特性を持ったものが多く選ばれる様になってきています。
特に食物繊維をたっぷりと含んだ食材は、余計な脂肪分を排出する役割を果たしてくれたり便秘対策にも使えるところで注目される様になりました。
意外なものではアロエなどを添えて食べるといった人も増えており、ソースの味にアロエが邪魔にならないという点が評価をされています。
煮込んだ大豆なども食物繊維が豊富だという点で選ばれやすいですし、大豆にはタンパク質やイソフラボンまで含まれているという事で評価が高いです。
大豆がトッピングとして添えられているパスタを食べるだけで、筋肉の保護や美肌作用にまで期待が持てるとなれば、ダイエット以上の効果を期待させてもらえます。
トッピングの選び方次第でパスタは健康食としても見る事が出来るのですから、後はソースが脂肪分やカロリーが高くなりすぎない様にすれば完璧です。

パスタの意外なトッピングで新鮮なうまさに

たらこパスタのソースはほぐしたたらこにレモンの絞り汁をたっぷりとくわえて、オリーブオイル、仕上げにバターで大葉や刻みのりをトッピングすることが多いですが、かわりに細かく刻んだしば漬けをトッピングするのもよく、しば漬けの効果で味が締まります。
たらこ以外でも、しらすなどの和風パスタにトッピングすれば同様の効果を得ることが可能です。
また、アサリやサーモンなどの魚介や肉や野菜のラグーなどのパスタでもう一味ほしいというときには、刻んだケイパーをふりかけます。
独特の塩味と酸味が全体の引き締め役になるので、味がぶれることなくぴったりと着地できるのです。
また、シンプルにアスパラとオリーブオイル、ニンニクとパセリで和えたものにはスーパーなどで売っているウナギのかば焼きをのせるだけでも手軽に新しい味を楽しむことができます。
何かとつくる機会が多い料理ですから、このように意外なものがいつもの味に変化を与えてくれたりするので、相性を考えながら一工夫してみるのも大切です。

Favorite

東京の貸倉庫

2017/7/20 更新

『パスタ トッピング』 最新ツイート

@recipes_love

カルボナーラ 【材料】2人分 パスタ200g ベーコン4枚 牛乳200cc コンソメ1個 卵1個 粉チーズ・黒胡椒適量 【作り方】 バターを溶かしベーコンを炒め牛乳・卵を加えてパスタと絡める。トッピングに温泉卵が美味しいです https://t.co/aJhvkVzzO5

1時間前 - 2018年11月21日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C) パスタを極める ALL RIGHT RESERVED